福岡県うきは市浮羽町 社会福祉法人 幸輪会「うきは幸輪保育園」― 当園について 保育理念・園長あいさつ ― 飾り

当園について | 保育理念・園長あいさつ

当園について

うきは幸輪保育園 うきは幸輪保育園イラスト

雲

雲

イラストうきは幸輪保育園の
保育理念イラスト

これからの日本を支えていくのは子どもたちです。一人ひとり違った個性を持って生まれてきた子どもたちには、それぞれの個性を発揮しながら、「今が楽しい」「今が幸せ」と感じる乳幼児期を過ごしてほしいと願います。
いろんな人の間で生きていることを体験できる集団を通して、一人ひとりの違いをお互いに知り認め合いながら、これからの社会や国を形成する一員として自立し、社会に貢献できる人材が育ってくれることを願っています。
保育園が地域の方々の子育てのパートナーとして地域に開かれたコニュニティの場となり、幸せの輪(和・わ)が広がる園(縁・えん)でありたいと願っています。

イラスト 保育理念 イラスト
子どもの個性を尊重
社会に貢献することができる自立した人間を育成する。

イメージ写真イメージ写真

イラスト 目指す子どもの姿 イラスト
思いやりがあり、元気・やる気・根気のある子ども。

イメージ写真イメージ写真

イラスト 保育の方針 イラスト
一人ひとりの特性に応じた個性を育みます。
子どもの自発的な遊びを保障し、子どもの力を引き出します。
子どもの主体性を育みます。
人とのかかわりあいを通し、コミュニケーション能力を育みます。
身体的に健全な発育を培います。

イラスト園長あいさつイラスト

うきは幸輪保育園 園長 子どもたちの元気な挨拶から一日が始まり、明るい園舎に響く子どもたちの声で毎日が活気にあふれています。
子どもたち一人ひとりの個性が発揮できるよう、地域のみなさまと連携を取りながら「子どもの個性を尊重し自立した人間を育成する」ことを目標に、当園の特徴でもある高齢者との日常的な交流など、心豊かな保育を行うために必要な環境や体験を惜しみなく提供していきます。
うきは幸輪保育園 園長 江藤 妙子

上に